2014年5月26日月曜日

本日のお稽古

弟子に学ぶ
今日はそんな一日だった


熊田瞳麻作

グラジオラス2種直立型
葉は別に矯めて挿す



















グロリオサ盛花
木イチゴ、クッカバラ
色合いも良い


千島瞳円作



















傾斜基本型 バイカウツギ、カンパニュラ、キイチゴ
バイカウツギの葉を程よく取り除き活けている


























カラー、グロリオサ
花器とも良く合っている




















カンパニュラ、キイチゴ、都忘れ
とても涼しげで良い


杉原瞳和作

























自然調直立型
力強さがある


新田瞳佑作



















自然調傾斜型
自然調ではあるがモダンな感覚がある

























自然調直立型
グラジオラス2種、バイカウツギ
グラジオラスをあえて正面に向けた所がまた面白い


千島瞳莉乃師範(リノちゃん)作



















傾斜型投入れ
莉乃ちゃん天才
都忘れがすうっとのびている


作者不明





































みんなを駅まで送って家に戻ると余ったお花で活けてあった。
どちらも良い

今回は花材の組み合わせなど何も言わずに
みんな自由に活けた。
グラジオラスにグロリオサを合わせるのは意外性があった。
おそらく僕なら合わせないだろう。

グロリオサの扱いがみな良かったと思いました。


今回は
前回NY出張で参加できなかった鍋奉行マリちゃんが参加。
お稽古の後、すき焼き!
楽しいひと時でした。

次回は午前中にお稽古をして
午後からみんなでお弁当作って海に遊びに行きます。

楽しみですね。

瞳生

2014年3月30日日曜日

お稽古再開

諸事情が整い
やっとお稽古を再開する運びとなった。
僕もみんなも楽しみにしていた。

遠路遥々、
春の嵐のなかをみんな花を活けにやって来くる。

僕が花を習い始めた頃の先生方は
皆さん高齢になり80才を有に過ぎ引退する方も多い。
そして、花器や道具を譲り受けたりする。
その際こんな事を云われた事がある。
「お弟子さんを大切にしなさいね。」
そんな言葉が心にしみる一日だった。


まずは雪柳を矯(た)め
自然調直立型基本のアウトラインを活けた。





自然調直立型の基本型
新田瞳佑活ける

自然調直立型
瞳生活ける
次にこれのキキョウランを取り除き
花だけで活ける。
ボネット、チューリップに動きをつける。

杉原瞳和活ける
交差型自由花
投入れは花器から遠くへ活けるようにする。


自由花
新田瞳佑活ける

自然調自由花二作
千島瞳円活ける

直立型
傾斜型

師範 千島瞳莉乃

自由に活ける
























花器も自分で選ぶ。
天才だ。


いけ花は線と塊と色の三要素で成り立っている。
かたちは立つか傾くかの二つだ。

活けた瞬間に花はその人へとなる。
人それぞれが見えてくる。


お稽古の後は祝賀の宴
すき焼きたいへん美味しく頂きました。


花が結ぶ縁で僕たちは集まった。










2013年7月24日水曜日

研究会@Dakota工房



7月21日 日曜日
浅草にある陶芸教室、芸林晶子先生の工房にて
晶子先生のご指導のもとに出来上がった自作の花器に
ヒマワリを活けました。

晶子先生に加え、今回はモンテッソーリ教育研究会のフィリス先生も来日との事で
この研究会に参加されました。

まずは晶子先生の発案で、出来上がった花器に名前を付ける事になりました。
自分のではなく、くじで選んだ誰かの花器にです。




















これはとても良いアイデアです。
人の作品となると一生懸命その花器を見ます。
何事もよく見ると云う事が大切です!


















そして命名






































今回はヒマワリを活けると云うテーマがあるので

花材的にいけ花の基本の型は伝えにくいのですが
花を活けると云う事を、
初心の晶子先生とフィリス先生に伝えたいと思いました。

一門のみんなは自由に活けました。





















みな良い出来でした。

























新田瞳佑 作
























熊田瞳 作
























千島瞳円 作
























杉原瞳和 作
























フィリス先生 作
























芸林晶子先生 2作


瞳生 作

























晶子先生とフィリス先生に説明をしながら活けていたら
自然調の基本の型になっていました(笑
二人の作品はそれとは相反し、直立型現代調となりました。

大変良いと思います。





















この後はお食事会。
もちろん、いつものように飲み放題付きです(笑)

とても楽しく充実した一日でした。

次回はいよいよ第一回 瞳生会花展「海辺でヒマワリを活ける」です。
とても楽しみです。




2013年7月19日金曜日

大田花き

日曜日の研究会の花材を探しに
初めて大田花市場に行きました。
何と云っても日本一のお花の市場です。
ワクワクします。

羽田へ行くモノレールからの景色が好きです。
今日は天空橋から流通センターへ!








































この橋を渡ると右に大田花き、隣に野鳥公園。
野鳥公園にはよく遊びに来ました。
なつかしい想いでがあります。

























さすが日本一!
15軒ほどの仲卸がありました。



















行ったり来たり、2時間ほどうろついてお花を調達!

お腹もすっかりすきました。
市場の食堂で朝ご飯!
朝定食 650円
スゴ〜いッ!

完食!!
メンチカツ、冷奴、生卵、お新香、味噌汁、すごい山盛りごはん




















帰りは天空橋で京急に乗り換え























大田市場はモノレールにも乗れるし(笑)
交通も全部逆行なので空いてて楽だし
これからは大田花きメインになりそうです。

それでこれが研究会の花材です。





































ヒマワリ、入才ラン、タニワタリ、カクトラノオ、ファウンテングラス
ミスカンサス、クロトンイエローとレッド 以上です。
さあ、楽しみです。

研究会の後のお食事会、飲み放題付けました(笑)

2013年7月13日土曜日

野に咲く花

野にある草花はふぞろいなところが良い
倹しく精一杯なところが良い

花を活けるとは
ひたすら無駄を取り除くと云う事だ


庭に咲いたコスモスと道端の猫じゃらし






















いけ花は「線」と「塊」と「色」の三つの要素で構成される。
型は「立つ」か「傾く」かの二つだ。


出来るだけ中心から遠くに遠くに活ける

庭のコスモスとポピーとカヤツリ草




















他に揃わず、無駄を断ち、倹しく精一杯に生きる。
そう生きたい。
                      瞳生 拝








2013年6月1日土曜日

海辺でヒマワリを活ける(ロケハン編その2)

天気が良ければ荒井浜に行こうと昨夜から決めていた。

朝起きたらいい天気!
6時に起きて活動開始。
まずは洗濯を2回しながら、朝食 。
トースト2枚、スクランブルエッグに粗挽きウィンナー、
青汁ミルクに清見タンゴール1個

9時前に家を出る。
BEAMSのおニューのジーンズをはいてごきげんだ!

子供の頃から三浦半島にはよく遊びに行った。
その頃はとても遠かった。
子供の頃は何でも大きく感じたものだ。





















三崎口に到着、青空とはいかなかった。

バスで油壺へ、浜に降りる道。


















東大の植物研究所を通り抜けて行く。

5分ほど下って行くと浜辺に着く

荒井浜だ


















とても小さな浜だ
日本の海水浴場88選にも選ばれたきれいな浜だ。




















と云うわけで夏の研究会
「海辺でヒマワリを活ける」はこちらに決定ッ!!
まずは乾杯





































ヒメちゃん、とても可愛い看板ワンちゃん
とても人なつっこいのだ!










































このお店はご夫婦二人で営業されている。
とても気さくでのんびりして親切だ。
いけ花の研究会の話をしたら大賛成をしてくれた。

2年前まで六本木で和食のお店をされてたとの事。
昼食を頂いたが、美味しかった。色々と妙に納得できた。

午前中に花を活けて、お昼はBBQ
間違いなく美味しいと思う。


















その後は海で遊びたいッ!
色とりどりの魚が泳いでると言っていた。

夕陽が見れたら云う事はないね。


















スケジュールなど詳細は次回の研究会にて!